不動産投資家ストーリー

【絶対オススメ】不動産投資を始めたら女性に超モテるようになった!

モテない男がモテるには!? 最終話

失敗おじさんの話は壮絶だった。
不動産投資の初心者が一棟マンションを買ったら地獄へ一直線。
リアルな地獄の話はすさまじいものだった。

 

そして、話が終わろうとしたときに失敗おじさんはひとこと言った。

 

 

不動産投資で稼いでいる奴はお金持っているし、どんなブ男なおっさんでも超モテている。

 

 

え!?
どんなブ男でもモテるってホントですか!?

 

俺が反応した瞬間、失敗おじさんは一瞬驚いた様な表情を見せた。

 

だが、俺も冷やかしで言っているのではない。

 

俺が不動産投資を始めた目的は、『女性にモテるため』なのだ。
人生で一度でいいから、超美人な女性と付き合うためなのだ。

 

一息ついて、失敗おじさんは話し始めた。

 

失敗おじさんとの会話の続き

 

不動産投資で成功して稼ぐ様になれば、雰囲気が変わっていく。
周りから見ると一目瞭然だが、男としても色気が出てきている。

 

 

男としても色気ですか…。

不動産投資でたくさん稼いだら、俺みたいな非イケメンでも女性にモテますか?

 

 

正直に言おう。
不動産投資を頑張って、しっかり稼げるようになればモテる!

不動産投資で稼いでいる奴らは、非イケメンでも女性にとてもモテている。
どんなブ男なおっさんでも、女性に困ってないぞ。

 

 

え、そうなんですか!?

 

 

不動産投資を続けていると、年収がうなぎ上りに上がる。
同世代の年収の+100万円とか+200万円どころではない。

不動産投資を頑張れば、家賃収入だけで会社の給料を超えるお金を稼げる。
さらに規模を大きくすれば、年収は天井無しだ。

そんな男性を、女性が見逃すはずがない。

 

 

確かに、女性は男性の『年収』を重要視しますよね。

 

 

それに、不動産投資を始めたころから注目される。

ワンルームマンション投資を始めた頃は、まだ儲けは少ないだろう。
だが、個人事業の『社長』となるのだから、その段階で女性に注目されるようになる。

 

 

確かに、『不動産投資を始めた』というと、ほとんどの女性から興味持たれました。

 

 

その後に、部屋数を増やしたり一棟マンションを買ったりして成長すれば、年収は他のサラリーマンの2倍とか3倍とか稼げる様になる。

そうなれば、合コンに行こうがキャバクラに行こうが無敵状態だ。
他のサラリーマンに、圧倒的な差を付けている。

そうじゃろ?良介君?

 

 

ホント、その通りです。
今は家賃収入750万円ですが、不動産投資を始める前と今では全然違います。

 

 

不動産投資を始める前は全くモテなかった人でも、不動産を増やすごとにお金が増えていく。それと同時にどんどんモテていく。

やはり、お金を稼げる男性の方が、人気はあるからな。
それに、不動産賃貸経営の『社長』になると、男としてオーラが出てくる。

 

 

けど、そこまで稼げるようになるには、どれだけかかることやら。

 

 

今頑張らないと、何年経ってもモテないぞ。

いまから始めたら、30代か40代でめちゃくちゃ稼いでいるだろう。
おそらく、若くて超美人な女性と結婚できるだろうな。

 

 

確かにそうですね。
不動産投資で稼げるようなって、美人な彼女が欲しいです。

人生一度きりなんて、自分の可能性に賭けてみたいです。

 

 

君たちは、まだ若いし可能性は無限だね。
俺の年齢くらいになるころには、大地主だな。

だが、あくまで不動産投資は、
『最初は小さく、徐々に大きく』
を守るようにな。

頑張れ、若者!

 

 

ありがとうございました。

 

 

失敗おじさんとの話は3時間に及んだ。

 

俺は今まで、不動産投資の良い面だけを見てきた。

 

そりゃそうだ。
ワンルームマンション投資で成功している良介とばかり話しているから。

 

だが、新ためて不動産投資の怖さが分かった。不動産投資はローンを受けて物件を購入する。
リスクについてもきちんと理解しておくべき必要がある。

 

それにしても、失敗おじさんの話は衝撃的過ぎた。

 

毎月貯金が25万円ずつ減っていくこと、
耐えられずに妻が家を出て離婚したこと、
実家の資産を全て処分したこと、
10年半もの間、借金を返すだけの日々・・・。

 

欲への焦りが、家族と両親の資産と、失敗おじさんの人生を10年以上も奪ってしまった。
完全に、人生を棒に振ってしまったと言える。

 

不動産投資をする時、こういった失敗話はなかなか聞く機会がない。
特に、一棟マンションは一発で人生KOになる場合がある。

 

だが、不動産投資は魅力的な資産運用だ。
それは、失敗おじさんでも認めていた。

 

地道にコツコツ進めていけば、そのうち大きな資産を築ける。
良介なんて、6部屋の都心のワンルームマンションを買って、年間750万円もの家賃収入を得ている。

 

確実に生活レベルは上がっているし、
今まで縁が無かったような女性とも仲良くしてやがる。

 

俺も、良介のように不動産投資でたくさん稼ぎたい。
はやく物件を増やして、稼げるようになりたい。

 

だが、失敗おじさんは言ってたな。

 

『最初は小さく、徐々に大きく』

 

決して、博打をしてはいけない。
もし失敗すれば、今の安定はしている人生さえも失ってしまう。

 

不動産投資の知識も経験も、まずは良介のレベルを目指そう。
じっくり確実に、ワンルームマンション投資を進めていこう。

 


 

ワンルームマンション投資を始めてからというもの、俺の人生は大きく変わった。

 

今までは、合コンで俺が発言しても、誰も俺に興味を示さなかった。
何を話しても、俺の会話はスルーされていた。

 

だが今は、自らのことを『サラリーマン大家』と自己紹介するようにしている。

 

その瞬間、女性たちから『不動産持っているの!?』と驚かれる。
都内に不動産(ワンルームマンション)を持っていることを伝えると、ほとんどの女性は俺に興味を持ってくれる。

 

俺が不動産投資について話すと、みな興味深々だ。
普通のサラリーマンで、不動産で資産運用している人など少ないから。
女性陣から『尊敬します』『頭が良いですね』とか言われる機会が増えた。

 

また、合コン中には女性陣からは『社長』と呼ばれることが増えた。
個人事業とは言え、賃貸経営の経営者だから『社長』であることは間違いない。
サラリーマンでありながら事業を経営できることを、『カッコいい』とも言われた。

 

明らかに前よりも女性からの反応が良い。

 

だが、今はまだ不動産賃貸業の『社長』になったばかりだ。
これからどんどん不動産を増やしていけば、『稼いでいる社長』になれる。

 

不動産投資を始めると、女性に興味を持たれているという実感を得た。
だが、まだ今は女遊びに夢中になってはダメだ。

 

良介みたいにキャッシュフローを増やしていけば、生活も良くなりタワマンに住んだりできる。そうすれば、ますます女性にモテるはず。

 

それまでは、貯金しながら物件を増やしていこう。
遊ぶのは、ある程度の規模になってからだ。

 

今こうやって努力するのは大変だ。
だが、今頑張らないと将来は変わらない。

 

お金についても、女性関係についても、頑張っている人にのみ縁があるのだ。

 

将来人生を思いっきりモテて楽しむために、
今はワンルームマンション投資に集中しよう。

 


 

1部屋目のワンルームマンションを買ってから、1ヶ月が経った。
今のところ退去も無く、賃貸経営は順調だ。

 

1部屋目のワンルームマンションを買ったことで、毎月2万円ほど貯まっている。

 

1年間で、計24万円貯まる。
5年間では、計120万円貯まる。

 

ワンルームマンション投資を始めると、資産がすごい速さで増えていく。
しかも、ローンの元本も減っているのだ。

 

もし何部屋もワンルームマンションを持っていれば、その分資産の増加は早い。
自然と、2部屋目3部屋目も当然欲しいと思ってくる。

 

そして、数年後か、
ワンルームマンションを売ればまとまったお金が手に入る。

 

それまでには、賃貸経営の経験も積んでいるだろう。
まとまったお金と経験を元に、一棟モノに挑戦しよう。

 

当面の目標は、良介みたいに家賃収入750万円を目指そう。
その後は、家賃収入1000万円とか3000万円とかも目指したい。

 

目標が決まったら、不動産会社に会いに行こう。
2部屋目となるワンルームマンションに、出会えるかもしれないのだから。

 

(モテない男がモテるには!? 完)

 

<<戻る



-不動産投資家ストーリー

© 2020 サラリーマン卒業大作戦!